VIO脱毛は恥ずかしい?恥ずかしさを軽減する方法はある?

VIO脱毛は恥ずかしい?恥ずかしさを軽減する方法はある?

「VIO脱毛に興味があるけれど、恥ずかしくて受けられない」「デリケートゾーンを見せることに抵抗がある…」VIOは注目を集める脱毛部位ですが、施術前にこのような恥ずかしさを感じる方は少なくありません。そこで、こちらの記事ではVIO脱毛が恥ずかしい方に向けて、以下の内容を解説します。

  • VIO脱毛を恥ずかしいと感じる理由
  • VIO脱毛を安心して受けるためのポイント
  • VIO脱毛の恥ずかしさを軽減する方法
  • VIO脱毛におけるメリット

デリケートゾーンを見られるのに抵抗があるのは当然ですが、恥ずかしいという理由で脱毛を断念するのはもったいないです。できる限りVIO脱毛を楽な気持ちで受けるためにも、こちらの記事で施術の体勢や流れについてしっかりと確認しておきましょう。

医療脱毛をお考えの方はお気軽にご相談ください!

当院の医療脱毛をご紹介

医療脱毛について

お電話でのご相談やご予約はこちら

0120-706-860

受付時間:11:00~20:00 / 不定休(年末年始など)

インターネットで簡単予約!

無料カウンセリングのご予約

24時間受付中

VIO脱毛は恥ずかしいと感じてしまう理由は?

VIO脱毛を恥ずかしく感じる理由は、大きく2つです。

施術時の体勢が恥ずかしい

VIOへ脱毛器のレーザーや光をあてる際に独特の体勢を取る必要があり、その体勢が恥ずかしいと感じる方が多いようです。施術中の詳しい体勢については後述しますが、特にIラインの脱毛で足をV字形に曲げる体勢に恥じらいを感じる方は多いでしょう。
しかし、クリニックやサロンでは、お客様の恥ずかしい気持ちに配慮して施術をおこないます。過剰に無理な体勢を指示されることはないため、そこまで身構える必要はありません。

デリケートゾーンを見られるのに抵抗がある

VIO脱毛に羞恥心を抱くのは、そもそもデリケートゾーンを人に見られることに抵抗があるためです。施術を担当するスタッフはプロとはいえ、大切な部分をさらけ出すのは不安を伴います。また、黒ずみや毛量の多さにコンプレックスを感じている方は、そういったところまで見られると余計に恥ずかしさを感じるかもしれません。
しかし、脱毛前は恥ずかしいと感じていても、施術を繰り返す内に抵抗が薄れていく方がほとんどです。回数を重ねると施術の体勢や流れがよくわかり、気持ち的にも余裕が出ます。次第に恥ずかしいと感じなくなる可能性が高いでしょう。

異性に施術をされることがある

VIO脱毛を恥ずかしいと感じるのは女性だけではなく、男性も同じです。多くの男性は、女性スタッフが施術を担当することに恥ずかしさを感じています。なかには、生理現象として股間が反応することを心配する男性もいるでしょう。
しかしクリニックやサロンのスタッフは、性別を問わず多くの施術に関わっており多くの場合は何も気にしていません。そのため、過度に不安になる必要はないといえます。
ただし、万一施術スタッフの性別が気になる場合は、同性に施術してもらえるかを確認しておくのがおすすめです。同性が担当するとわかっていれば、恥ずかしさを少しでも軽減できるでしょう。

VIO脱毛は恥ずかしくない!安心できる3つのポイント

すでにお伝えしたように、クリニックやサロンではお客様がVIO脱毛で不快な思いをすることがないよう徹底的に配慮しています。実際に、施術を受けたあとで「想像よりも恥ずかしくなかった」という方も少なくありません。ここでは、VIO脱毛が恥ずかしくないと安心できる3つの理由について説明します。

施術時はガウンやタオルなど着替えが用意されている

クリニックやサロンでは、VIO脱毛を受ける方のためにガウンやタオルを用意しています。施術時は、ガウンやタオルで体を覆った状態で、必要な箇所のみをめくってレーザーや光を照射します。恥ずかしさや緊張で体がこわばらないように、肌の露出がなるべく少なくなるように施術を行います。
それでも不安な場合は、スタッフにあらかじめこの部分の肌を見せるのが恥ずかしいと伝えておくと、スタッフもより配慮の行き届いた施術を行ってくれるでしょう。

デリケートゾーン用に紙ショーツが用意されている

VIO脱毛では、ガウンやタオルのほかに、デリケートゾーン用の紙ショーツを用意している施設もあります。ガウンやタオルと同様に紙ショーツを適宜ずらしながら施術を進めるため、デリケートゾーンが常に露出されるわけではありません。
ただし、すべてのクリニックやサロンで紙ショーツが準備されているわけではなく、何も履かずに施術が始まることもあります。紙ショーツの有無が気になる場合は、事前にクリニックやサロンに確認しておきましょう。

クリニック・サロンのスタッフは施術に慣れている

クリニックやサロンのスタッフは、そもそも施術に慣れています。特にクリニックで脱毛を担当するのは、国家資格に合格した看護師免許を持つスタッフです。看護師は、医療分野の幅広い知識を持ち、人体解剖や手術介助といったさまざまな臨床経験を積んでいます。
スタッフはプロとして安全に漏れなく照射することを一番に考えているため、デリケートゾーンのような施術部位に対しても、特別な感情をもつことなく施術を行っています。デリケートゾーンは立体的な形状で照射漏れリスクが高いだけでなく、痛みを感じやすい部位です。痛みに配慮しながらも脱毛効果を高めるために、照射角度や出力パワーを細かく調整するなどの配慮に集中しています。施術スタッフを信頼し、何か不安なことがあればその都度スタッフに相談してみてください。

VIO脱毛での恥ずかしさを少しでも軽減する方法

そうはいっても、施術を受けるお客様の気持ちを考慮すると、初回のVIO脱毛ではやはり恥ずかしさを感じるのが自然です。ここでは、VIO脱毛での恥ずかしさを少しでも軽減できるよう、いくつかの方法をお伝えします。

VIO脱毛の流れを確認しておく

恥ずかしさを軽減するために、施術の流れを確認しておくことは重要なポイントです。どのような順序で施術するのか、どれくらいの時間がかかるのかといった詳細がわかっていた方が、不安や恥ずかしさが減少するためです。
VIO脱毛の流れは、基本的にどのクリニック・サロンでも変わりません。施術室に案内されたあとに紙ショーツやガウンに着替え、ベッドの上で横になってタオルをかけた状態になります。施術は、露出が少なくなるようガウンやタオル、ショーツをずらしながら進めていき、希望箇所に漏れのないようにレーザーや光を当てていき、すべての施術が終われば終了です。
施設により一部流れが異なる場合もありますので、VIO脱毛について不安がある方は、事前にスタッフに確認をしておきましょう。

VIO脱毛時の服装

VIO脱毛では、下半身につけているボトムスやストッキング、下着をすべて脱ぎ、用意されている紙ショーツやガウン・タオルなどに着替える必要があります。
そのため、脱毛当日は、着脱しやすいボトムスを選ぶのがベターです。しかし、ワンピースの場合は衣類ごと脱ぐように指示されることがあります。VIOのみ脱毛だったとしても、上半身まで下着姿になってしまうと恥ずかしさは増してしまうので、スカートの中でもワンピースは避けておいたほうが無難です。
また、脱毛後は肌が敏感になっています。綿素材の下着のような肌に負担がかかりにくいものを選ぶと、施術後の肌トラブルを起こしにくいでしょう。脱毛当日の服装については、ぜひ以下の記事を参考にしてください。

施術時の体勢を把握しておく

どのような体勢を指示されるかがわかっていれば、ある程度リラックスして施術を受けられるでしょう。ここでは、Vライン・Iライン・Oラインそれぞれの脱毛をおこなうときの体勢について説明します。

Vラインの施術体勢

Vラインは、両足の付け根を指すパーツです。基本的には足を肩幅程度に開き、仰向けになった状態で施術をおこないます。必要な箇所以外はタオルやガウンで隠して照射を進めるため、恥ずかしさを感じにくい部位です。

Iラインの施術体勢

Iラインは陰部の両側を意味します。仰向けの状態で片側の膝を立て、そのまま横に倒して片方ずつ脱毛を実施。片方が終われば足を変えて反対側へ、という流れで進めます。恥ずかしさを感じやすい部位ではあるものの、照射範囲は狭く、施術時間はそこまで長くかかりません。

Oラインの施術体勢

Oラインは肛門周辺のパーツです。ベッドにうつ伏せの状態になり、足を軽く開いて施術をおこないます。お尻を少し広げるようにレーザーを当てていきますが、ショーツやガウン・タオルをずらしながら照射するため露出は多くありません。照射範囲も限られるため、施術は短時間で終了します。

前日までに自己処理をしておく

VIO脱毛に限った話ではありませんが、脱毛前は自己処理が必要です。しかし、VIOは自己処理が難しく、剃り残しが多くなりやすい部位。前日までにしっかりと自己処理していないと、スタッフがデリケートゾーンをチェックしたりシェービングしたりするのに時間がかかります。
そういった点での恥ずかしさを軽減するためにも、なるべく剃り残しがないように自己処理しておくことが大切です。
アステリアクリニックでは、自己処理が難しいOラインは無料でシェービングをおこなっています。ぜひお気軽にご相談ください。また、脱毛前の自己処理については以下の記事を参考にしてください。

デリケートゾーンの保湿を徹底する

自己処理をする際にデリケートゾーンの保湿を徹底しておけば、黒ずみを予防でき、VIO脱毛の恥ずかしさを軽減できます。見た目に影響する黒ずみが少なくなれば、羞恥心も減るというわけです。
また、施術後は肌が敏感で、バリア機能が低下した状態です。保湿ケアを怠ると、赤みや痒みといった肌トラブルが起こることがあり、症状が悪化した場合は医師による診察が必要になることもあります。
だからこそ、恥ずかしさが気になる方は、普段より念入りに保湿ケアをおこなうことをおすすめします。

不安な点は事前に確認しておく

VIO脱毛が恥ずかしくて不安な場合は、あらかじめスタッフへ相談しておきましょう。相談するだけでも恥ずかしさや不安が和らぎ、安心して施術に臨めるはずです。また、スタッフもより丁寧に声かけをしながら脱毛をしてくれたり、ショーツやタオル・ガウンのずらし方にも気を遣ってくれたりします。
不安な点を相談してスタッフから嫌がられることはまずないため、遠慮なく自分の気持ちを伝えておきましょう。

個室制のクリニックを選ぶ

VIO脱毛が恥ずかしい場合は、個室があるクリニックを選びましょう。なかにはカーテンなどで部屋を仕切っているところもありますが、会話や脱毛の様子がうかがえる環境ではより恥ずかしさが増します。
個室があるクリニックを選べば、こういった心配や余計な緊張感からは解放されるはずです。少しでもリラックスして施術を受けるためには、個室完備のクリニックを選ぶと良いでしょう。

VIO脱毛が恥ずかしくてもしたほうがいいメリット

VIO脱毛は恥ずかしいかもしれませんが、それを上回るほどのメリットが得られます。

  • 自己処理にかかる時間や手間を削減できる
  • デリケートゾーンのムレやにおいを軽減できる
  • 水着や下着からアンダーヘアがはみ出なくなる

また、将来的に介護される可能性があることを想定し、アンダーヘアを脱毛する方も増えています。いわゆる介護脱毛と呼ばれるものですが、介護する側・される側どちらの負担も軽減できると注目を集めています。

まとめ

普段は人に見せないデリケートゾーンをさらすため、VIO脱毛を恥ずかしいと思うのは当然のことです。しかし、クリニックやサロンのスタッフも、お客様のその気持ちをよく理解しています。だからこそ、VIO脱毛で不快な思いをさせないようさまざまな配慮をおこなっているのです。
アステリアクリニックでは、特に施術前のカウンセリングに重きを置いています。お客様の負担を少しでも軽減できるように尽力していますので、VIO脱毛を検討中の方はどうぞお気軽にご相談ください。

医療脱毛をお考えの方はお気軽にご相談ください!

当院の医療脱毛をご紹介

医療脱毛について

お電話でのご相談やご予約はこちら

0120-706-860

受付時間:11:00~20:00 / 不定休(年末年始など)

インターネットで簡単予約!

無料カウンセリングのご予約

24時間受付中

このコラムの監修者
伊原 亮
伊原 亮
一般社団法人 美星会
アステリアクリニック院長
【医師の経歴】
2014年3月 慶應義塾大学 医学部 卒業
2014年4月 東京都内の病院にて初期臨床研修
2016年4月 都内大手美容皮膚科にて勤務
2016年11月 都内大手美容皮膚科院長就任
2021年11月 アステリアクリニック札幌院 院長就任